黒かびが発生していたまな板を綺麗にお手入れ

赤ちゃんを家に迎えることになってもっとも綺麗にしておきたいと思っていたまな板のお手入れをしました。

まずは状態をチェック。

黒かびが発生したまな板

ひ ひどい^^;

これはイチョウのまな板でかなり使いやすくて気に入ってたのにこんなになってしまうとちょっとショックです。

ま、毎日の手入れをおろそかにしていた罰ですね。

これを綺麗にしていきます。

紙やすりで削る

まずは表面の黒かびを落とします。
と同時に包丁によってできた傷も消してなめらかな表面をだします。
それには紙やすりをつかいます。

60番→120番→240番と荒い番手から面倒臭がらずに削っていきます。

けっこうひどかったので滅多に使わない電動サンダーの出番となりました♪

その結果がこれ↓

ヤスリがけしたまな板

かなり綺麗になりました。

オイルを塗る

表面の削りカスを落としたら、次は木製食器用オイルで表面を保護します。

木製食器用オイル

塗り方は簡単で、まな板に適当に出して布で塗り伸ばすだけです

オイルをかけます

綺麗になったまな板

見違えるように綺麗になりました。

またカビが生えないようにしたいですね^^;

それには日頃の正しいメンテナスが必要になってくるようです。

ポイントは

  • 使う前に表面を水でしっかり濡らす
  • 使った後は洗剤で洗って水を拭き取る
  • 直接太陽が当たらない風通しの良い所で乾燥させる

この3点を守れば大丈夫なようです。

またカビが生えないようにがんばって使っていきます♪

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG