ベビーベッドを作りました

あけましておめでとうございます。

2015年最初の記事は娘のために作ったベビーベッドの紹介です♪

生まれる前からこれだけは作りたいと思い、12月になってからコツコツ作り、ほんと退院するギリギリまでかかって完成しました。

危なかった~(笑)

なにはともあれ完成したので問題なしです♪

さてさて

まずはどんな仕様にしたかを簡単に説明しておきます。

1. 初の組み立て式

今回はちょっと大物だったこともあり組み立て式にしました。そうしないと家のなかで移動できなかったもので^^;

組み立て式にするために鬼目ナットを使っています。初めて登場のアイテムですね。

2. 2面開きます

ベビーベッドによくあるような側面がスライドする機構にしました。

長い面は上下にスライドして、短い面は蝶番で開くようにしました。

3. ロータイプのベッドです

ベッドは和室に置いてベッドの上でおむつ交換などをする予定だったので立膝をついてできる高さにしています。

立ったままだと腰にくるらしいので。

4. ワンポイントを入れる

これは完全に飾りの部分なんですが、曲面を取り入れたり、どこかにワンポイントになるくりぬきをしようと思いました。または塗装でイラストとまでは行かないけど何か書いてもいいかなと思ってました。

パーツごとに見ていきましょー

頭側の側面

ベビーベッド脚

販売されてるベビーベッドをみるとよく上面が曲面になっているものが多いです。
それを真似てジグソーでRをつけてみました。

あと、今回の一番のポイントは真ん中のシルエット♪

ジグソーだと少し苦労しましたが、初めてにしては上出来。ところどころめくれたりしてますが、細かいことは気にしません!♪

足側の柵

ベビーベッド側面足側

足側の柵も開くように奥様から注文を受けていたので蝶番とラッチで開け閉めできるようにします。

こっちも上面にジグソーでRをつけました。

足側の脚

ベビーベッド脚

さっきの開閉柵を取り付ける枠部分になります。

スライド柵

ベビーベッド側面

側面の柵は上下にスライドするようにしました。

一番の問題は柵をロックする方法でした。

これは丸棒を上部の角材の中に通し左右にスライド可能に、脚側にあらかじめ開けた穴に通すことでロックできるようにしました。

スライド機構

↑写真は丸棒と取手。

スライド仕組み

↑この取手で中の丸棒を操作します。

柵が上下にスライドできるよう頭側と足側の部材に丸ノコで溝切りをしました。これも初めての試みでした。

丸ノコによる溝切り

まずはざっくりと切り込みを入れてそれをノミで取り除いていくときれいな溝ができました。

柵に埋め込んだダボがこの溝にはまり、レールガイドの役目をするように作ってます。

固定する柵

ベビーベッド側面

長手方向の部材

長手方向の部材

これは脚をつなぐ役目をします。すのこもここにのります。

組み立て

鬼目ナットの相方となるボルトは頭が六角だったので今回はこれが役に立ちました。
組み立てがとっても捗ります♪

ドリル用六角レンチ

ベビーベッド組み立て

開け直した鬼目ナット

↑製作途中に仮組みすると全然上手くはまらなかったのでダボで埋めて一度穴を開け直しました。そのおかけでひずみも少なく問題なく組み立てることができました。

ベビーベッド組み立て

ベビーベッド組み立て

↑脚がつながりました。

ベビーベッド組み立て

↑柵も同じように鬼目ナットで取り付けました。

ベビーベッド組み立て

↑足側の開閉柵。

蝶番

激安蝶番で取り付けました。

丁番を取り付けた写真

ラッチの取り付け

上部をラッチで固定できるようにしました。

ベビーベッド組み立て

手前のスライド柵も取り付けたら完成です♪

ベッドの底板は1×4材でつくったすのこです。ちょっと重いのが少々問題です。
もしかしたらもっと軽い材料でもよかったかも。

diy-141223-7754

柵をスライドさせた状態をチェック。
やっぱり監督(スコティッシュフォールド もうすぐ2歳)がやってきて厳しいチェックを受けました^^;

体重4.5キロの監督が乗っても平気なのでOKでしょう。

ベビーベッド組み立て

柵をあげてロックした状態です。

最後に

細かいところをみると隙間があったり、設計が甘く作りながら変更をしたりと面倒なこともありましたが、細かいところは ま、 いいでしょう♪(笑)

あと、全体的にちょっと重いのが問題かなと思ってます。

強度が必要な部分には赤松、柵などの軽さが必要なところにはホワイトウッドをつかって軽くしようとはしたのですが、1×4材のすのこがトドメを刺しましたね。

設計段階で脚の太さに最後まで悩みましたが、最終的に30mm×60mmの赤松を使いました。2×4材も考えましたが、たぶん太すぎです。

全体的には歪もほとんどなくよく出来たほうだと思ってます♪

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG