[ご報告] 元気な赤ちゃんが無事に誕生しました!!

パパになりました。

2014年12月19日 15時54分

その日、その時を忘れることは絶対にないでしょう

3202gの女の子

デカイな(笑) この数字もわすれません!

まずはとてもがんばった奥様、そして元気に生まれてきてくれた娘に

「よく頑張ったね!!」

と声をかけてあげました。なにより今は感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

まさか40歳になった2人の間に子供ができるとか、少し前までは想像もしてなかったことです。

本当に嬉しい。涙でそう・・・というかこれ書いてるとウルウルしてきます。

実のところまだ親になった実感や責任感というものはほとんどありません。

そういうのはたぶんこれから出てくるのかもしれないし、そんなことを感じてる暇がないくらい育児に追われるのかもしれません。

まだわかりません

でも、これまでの3人家族(うちネコを含む)から4人家族になるんですよね

(女ばっかりだな~(笑))

パパがんばります。

陣痛がはじまって男ができること

朝までは何もおきないと聞かされてたわけですが、夜のうちに陣痛がはじまったそうです。なので病院にいったのは朝になってから。

そのときにはすでに陣痛間隔が3~4分くらいになっていて、早い時には続けてくることもありました。

そのとき男がしてあげられることは
痛みが出てきたときに合わせて腰をさすったり、おしりの当たりを指圧してあげること。

これくらいしかないかもしれません。

しかも痛みを和らげる方法も個人差があるようなのでさするのがいい人もいればググっと指圧してあげるのがいい人もいてそれぞれだそうです。

うちの場合はずっと腰をさすってました。

助産師さんにやり方を見せてもらうのが一番いいと思います。

子供がいる友だちからは
「時間潰すものをもっていったほうがいいよ」
と聞かされてましたが、そんな時間はありませんwww

助産師さん「夕方くらいに生まれるのを目指しましょう」
と言われていたので

夕方までずっとこれか~とも思いましたが、一番大変なのは奥様ですからここは自分も頑張るところだと思い励まし続けました

思いもよらない急展開

陣痛促進剤を点滴を始めたところ一段と痛みが増してきたようでした。
2時間くらいしたお昼前だったでしょうか、レントゲンやら採血やらをするということが周りがバタバタし始めたかと思うと、

助産師さん「分娩室に移動するので荷物をまとめてください」

おれ「(キタ~~~!!!)」

急いでまとめたせいで冷蔵庫の中身を忘れてました(*ノω・*)テヘ
本番はまだまだこれからなので旦那さんはまだまだ慌てるところではないです。落ち着いていきましょー♪

ここからが奥様の大変な時

男からすれば一番痛そうなのは赤ちゃんが出てくるときだと思っていたのですが、あとから聞いたところ一番痛いのは子宮口が開くまでだそうです。

開ききるまでにいきんでしまうといろいろと大変なことになってしまいます。

だからそれまでは陣痛が来たときにその痛みを逃すように呼吸をするのですが、そのときが一番痛そうでした。
このとき奥様が痛みで叫ぶかもしれませんが旦那さんは取り乱さないように、逆に奥様をリラックスさせるように声をかけてあげしょう。

この間もずっと腰をさすってました。

話に聞いてたテニスボールも出動しました♪
持ってきてたんですけど、病室にも用意されてました。

そうそう、分娩室にきたら早く生まれるのかとおもいきや、子宮口はだいぶん開いてるのに赤ちゃんが降りてきていないとのことで移動してから3時間ほどこのままでした。

しかも周りにはほとんど人がいません。もちろん近くにはいるんですが、けっこう放置プレーです(笑)
想像では医者やら看護師やらにたくさん囲まれて過ごすものだと思っていたのでそのギャップがおかしかったですね。

誕生の瞬間

突然助産師さんが手術するときの・・・あれなんていうんですかね・・・手術服?を着だしました

「まさか!!!」

いきなり始まりました^^;

どうりで周りに人が集まってきたなぁと思ってたんです。

いきみはじめたら旦那さんのすることは汗を拭いてあげることだけかもしれません。

それからどれくらい経ったでしょうね。たぶん40~50分位だったような気がします。それとも30分くらいだったかも。

赤ちゃん誕生!!!!!!

血やなんとか油(名前忘れた)とかにまみれたずぶ濡れの赤ちゃんが出てきました。

あまり血を見慣れてるわけではありませんが、そのときはほんと不思議なくらい冷静でいることができました。何かのトランス状態みたいなものだったんでしょうか

生まれてすぐに奥様とご対面後、診察台でいろいろ検査されてるときに写真をバシバシ撮りました。

娘誕生

写真だとわかりにくいですが、はじめは肌の色が灰色なんですね。
そして、体中に酸素が行き渡り始めると徐々に赤くなっていくんです。

娘誕生

娘誕生 開いた手のひら

手のひらや足裏なんかはほんとシワシワのおばあちゃんみたいです(笑)
手だけじゃななくて顔もおばあちゃんみたいな時があります(笑)

そして最後に全身写真

娘誕生 真上からの写真

ネコのときもそうだったように、これからドンドン成長していくんでしょうね。

その一瞬一瞬を逃さないようにしっかり写真に収めていこうと思います!!

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG