キッチンのゴミ箱製作中

普段のゴミはキッチン用の分別できる小さなゴミ箱に捨ててるんですけど、それが貯まると大きな袋にいれることになります。

問題はその45Lの袋がそのまま床に転がってることw。

川崎市はほかにプラスチック製容器包装も分別なのでこのゴミ袋も床に転がってる始末w。

これではイカン!ということで作りますよ♪

45Lの袋が使えて、さらに分別もできる!!キッチン用ゴミ箱!♪w

というわけでまずはゴミ箱のケース部分をつくりました。

さっそくモコのチェックが入っております^^;

ゴミ箱のケース側

そうそう、はじめに書くのをわすれていましたが、このゴミ箱はキッチンにある作業テーブルの下にすっぽりと収まるサイズでつくります。

そこは今つかってるゴミ箱が入ってる所です♪それと入れ替えます。

写真はいまないので完成したらビフォーアフターということで見せたいと思います。

さて、話は製作中のゴミ箱にもどりましょう。

↓ゴミ箱本体を横から見た写真です。右が前です。

キャスターつき♪

固定にすればいいのになぜか箱の部分を分離できるように作ってしまいました。自己満足~

ボックスの入り具合をチェックするネコ

↑こんな感じで2個並ぶ予定です。(ここでもチェック!)

ボックスをいれるとこんな感じ

↑上からみるとこんな感じです。

今さらですが材料を書いておくと、ケースは1×10材、ゴミ箱はシナベニヤを主につかってます。強度を確保するために角材で補強してます。

それにしてもシナである必要はぜんぜんありませんでしたね。普通のラワンにしとけばよかった。。。お金的に。。。(シカタナイ

ではではゴミ箱本体を分離させた状態をお披露目します♪

箱自体は分離できます

接続部分はダボです。

ダボで接続

前面の板と箱を下のような仕組みで接続するようにしました。

接続部

こうすることで前面の板に取り付ける取手を引っ張っても強度的に安心できるかと思って。

設計通りだけどちょっと複雑なつくり

おもったより面倒なつくりにしていまいましたが、たぶんいいゴミ箱ができるハズw

最後に前面の装飾について。

さすがにシナ合板に色を塗っただけだと味気なさすぎるので、うちにたくさん余ってる端材をタイルのようにならべてなんちゃってピート・ヘイン・イーク風にしようかと思ってます。

前面の装飾

適当に並べた割にはうまくハマるもんですねw。もちろんカットしなきゃならないところもありますが、こんな感じでいかがでしょう?

この部分の製作が残ってますが、できしだい早速塗装に入りたいと思います。

早く新しく購入したクラック塗料をつかってみたいなぁ~

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG