ダイニングに脚付きの棚をつくっておいてみた

飾り棚

ようやく涼しくなってきて前日の温度から-10℃とかザラになってきましたね。これでようやく汗だくDIYから開放ですね♪。

なので最近はコツコツと家の中を改造しています。インテリアとしてのものもあるし、ネコ用のもあったりしてがんばってますw。

順に紹介していきますね。

まずはダイニングに置こうとおもってつくった飾り棚の紹介です。

飾り棚

これは11人の木工作家に教わる シンプル家具づくり (生活実用シリーズ)という本を参考につくりました。

作り方はほぼおなじで大きさだけうちに合わせた感じです。

はじめてランバーコア合板ってのをつかいました。ホームセンターで買ったんですが、1800×900×18で確か2000円弱だったように思います。

かなり強度がありそうなのでしっかりした家具を作りたいときには適しているようです。問題は表面がラワンだということと、重いってことですねw。

飾り棚

まだ脚はついていません。

飾り棚切り口が見える所はこのように飾り木で隠しています。

飾り棚

横と後ろに飾りの板を貼っていくのですが、端っこは上の写真のように斜めに切る必要があります。これくらいの長さを切るのはけっこうしんどい作業ですね。

飾り棚

ひっくり返して脚の取り付け。

飾り棚

背板をつけるまえに塗装開始です。背板をつけてからだと塗るのが大変になってしまうので、塗ってから組み立てました。

飾り棚

背板を仮にならべて大きさを調整してるところです。
これも微妙に入らなかったりしたので、はいるよう板を縦に切るのが大変でした。

飾り棚

という感じで完成です♪。

中に飾ってる(というか置いてるだけw)ものはまだテキトーなのでカッコ悪いですね^^;。
少しづつ買い足していきたいですね。

それよりもまずは飾り付けのセンスをください、どなたか!!

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG