改良しやすいように作った大型の棚

今後拡張しやすいように設計した大きめの棚をつくりました。。というかつくってましたw。えー、もうずいぶん前にw。

頑張って更新するぞぉとか言ってても、なかなか更新する気が起きないのがいつもの悪いくせなんですけど、そろそろ本気だします。

ねこも来たことだしね♪。

いろいろやりたいこと、書きたいことがいっぱいあるのです。

それではまずは自室用につくった棚からいってみましょう♪

スペースを有効に埋める棚が欲しかった

自分の部屋用にいくつかテーブルを作って、それなりに快適に過ごしてはいたのですが、やはり足りないのは収納力。

とくにプラモ作りのいろんなものを置くスペースが絶対的に足りなくて、それを補うために今回の棚を作りました。

机を作ってたときから「ここに棚をおこう」と決めてたスペースにすっぽりはいる棚です♪

コンセプトは”拡張できる棚”w

棚をつくるのは決まっていても、何をどう収納するかをまず考えてからつくるというのがちょっと苦手です。

なので、考えたのが必要なときに”棚のなかに棚をいれる”ということ。

例えば小さいものを収納したいと思ったら、小引き出しをこの棚に入れる・・・まぁ バッグインバッグみたいな感じですねw。

そんなイメージのものをつくりたかったので、棚板は固定せず交換可能なようにつくりました。

製作途中の写真を紹介♪

今回の材料はすべてSPF材でお安くつくりました。

側板は2×4材をならべて板で固定します。

大型の棚 制作写真1

この2×4材を止めるために使った板が棚受けになります。

大型の棚 制作写真3

天板も板をつなぎあわせてます。

各段の後ろにはものが落ちないためと、補強の意味も兼ねて板を渡しました。

大型の棚 制作写真2

そして完成♪

大型の棚 完成写真

これを上手く使って片付けていかないとなぁ。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG