古びた感じのラックをつくってみた

洗面室のタオルとかを置くためのラックをつくりました。

これまではなんの特徴もない衣装ケースを3段積んで使ってたんですけどあまりにも雰囲気が壊れる・・・ということで作ることにしました。

はじめ考えてたのはアイアンの脚に板を渡した男前なラックを考えていましたが、アイアンの脚だと棚の高さを自在に変更できないと思いやめました。

なので今回はオール木www。いつもどおりです♪

まずは完成写真♪

完成♪

一番下には洗濯物をいれるカゴ、二段目はバスタオルと普通のタオル、一番上の段はお風呂からあがったときの着替え等をおくスペースになります。

1. 材料

今回の資材

これまたいつもどおりオカモク楽天市場店で木材を購入。

全部「杉」です♪。杉は軽くて木目も綺麗ので気に入っています。

2. 組立

脚の部分を組みます。

木工用ボンドで接着したところをクランプで固定してしばらく放置♪

脚をつなぐ

ある程度固まったら下穴をあけます。

下穴をあける

中にも。これは下の木まで貫通してます。

さらに小さな下穴をあける

そこにコーススレッドを打ち込みます。

こんな感じ

ものが後ろに落ちないように板を棚の背面につけます。

今回はダボ継に挑戦!!

ダボ穴をあける

開けたところにダボ用マーカーを差しこんで・・・

ダボ用マーカーをいれる

背面になる板を押し当て、ゴムハンマーとかでトントンします。

マーカーの跡

穴をあけるべきところに印がつきました。

ここに穴をあけダボを入れるとダボ継完成♪

骨組みwができました♪

形になってきた

と、簡単に書きましたが、実際はうまく位置があわなくて悪戦苦闘しました^^;

どうも、ロングビットを使ったせいかズレてしまったんですよね~。だから差し込んでもまっすぐに入らなかったり・・・

なとか調整して形にしましたが、次回はもっと上手くやらないと・・・です(反省

さて、作業の続きいきましょー。

棚を載せるための横板にボンドをぬって・・・

ボンドを塗って

棚板をのせます。

ボンドが乾く前に直角がでているか微調整しておきます。

棚板は隠し釘で止めようかとおもったのですがサイズがなかったのでボンドのみで固定です。

あとはコーススレッドを打ち込んだ穴を丸棒で埋めたら組立は完成ですパチパチパチ♪

棚板を載せる

3. 塗装

バターミルクペイントの「White」で塗装します。

しっかり二度塗りしちゃったんですけど、厚すぎでしたwww

水性塗料の白で塗装

二度塗りだと塗装が厚くなりすぎて・・・

紙やすりで磨く

紙やすりで削るのがとても大変でした~。

途中サンダーで試してみましたが、さすがにこれだとガンガン削ってくれます。それでもけっこういい感じにするには時間がかかりました。

次回からは水でほんの少し薄めるか一度塗りを軽くする程度にしておこぅっと(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ ツカレタ

まあ、もっとしっかり削ればここで完成!!ということでもそれなりのシャビー感がでてていいんですが、もう一歩進んだアンティーク加工をしてみることにします。

お世話になるのはこれまた今回初登場の

BRIWAXのジャコビアン。

これをほんの少しウエスにつけ、指先で角を中心にこすっていきます。

すると・・・

。。。

4. 完成!!

BRIWAXで汚れた感をだす

良い感じでしょー?♪

削ったところに色をのせていき、平面はさらっと撫でる感じですね。

もし塗りすぎたな~っておもったら180番くらいの紙やすりで軽くこすってあげると取れると思います。

はじめてにしてはなかなか味のあるラックができたと思います♪

設置してる様子はまたいずれ(片付いたらwww

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG