京都寺巡り その1

金閣寺

奥さんの両親にさそわれ、京都旅行にいってきました♪。

駅前のホテルに荷物を預け、そのままタクシーで金閣寺に向かいました。

足利義満によって邸宅でしたが、死後に禅寺となったようです。ただしくは鹿苑寺といいますよ~。

ここに来るのはたぶん初めて。小学生の修学旅行のときはちょうど修復とかやっててこれなかったような記憶があるのですが、定かではありませんw。

ぐるりと回ると最後のほうに茶屋があるのでそこで一服できますよ~。

次のお寺にもタクシーで移動。さすが年の功w。自分たちだともったいなくて乗らないタクシーもガンガン使っちゃいますw。

と思ってる間に石庭で有名な龍安寺に到着。

龍安寺の鐘

いろいろと謎があるらしい石庭ですが、見に来てるお客さんはみんなぼぉ~っと座って庭を鑑賞してました。

龍安寺の石庭

広角でも入り切らないのでどう撮ったらいいかわからず変な写真になってしまいました。ご勘弁を。。。

龍安寺のWebサイトへ

次のお寺は天龍寺。「雲龍図」で有名なお寺ですね。場所は嵐山。

今回の目的の一つが秋の特別参拝期間中の「雲龍図」を写真におさめること。

その前にまずはこれで練習練習。

天龍寺のもうひとつの龍

そして、いよいよ法堂へ!!その入口には!

「撮影禁止!!」の看板が!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

おわった。完全におわった・・・。

まさか撮影できないとはこれっぽっちも考えていませんでした。そんなことなら建仁寺の双龍図を狙いにけばよかったと激しく後悔。

テンションダウーーん。

まあ、しかし、京都でみるものはこれだけではありません。なので、自分に言い聞かせながらふたたび足を進めていきます!

天龍寺の裏の竹林を抜けるとトロッコ電車で有名な嵐山駅はすぐ。

でもこれには乗らず、京福電気鉄道嵐山本線、通称「嵐電」の「嵐山」駅までトコトコあるいていきました。これはけっこう遠かった><。

で、これで帰れる~と思ったら「太秦広隆寺」で下車。

老人は元気ですw。

ここで、広隆寺の写真をのせるところですが・・・ありませんw。ごめんなさい。境内の写真が一枚だけあったのでそれでお許しくださいな。

ちなみにここには国宝第一号となった「弥勒菩薩半跏思惟像」があります。他にも十二神将やらなんやらと国宝や重文がたくさんあるので一度は足を運んで見てください。すごいですよ。

これでようやくホテルにチェックインできたんですが、夜はまだまだ長かったw。

待っていたのは「夜の京都ゴールデンツアー」w。

すごい名前です。

ざっくり紹介すると、どこかのお金持ちが作った庭園があるところで京風懐石をいただき、そのあと舞妓さんの踊りなんかも見ちゃいましょうっていうなんかすごいツアーです。

まずはバスで移動。夕焼けがすごく綺麗でした♪。

そのあと、すぐに食事。このポイントは京”風”懐石。あくまで「風」ですからね。こんなの↓

”京”風懐石

御飯食べてビールのんでいい気分になったら外を散策です。

まあ、綺麗だな~ってw

庭園内のライトアップ

このあと、いよいよ舞妓はーーんを見にバスにのって花見小路通へ!

目的地はギオンコーナー

簡単にいうと茶道や華道、京舞、狂言、雅楽、文楽などを一気に堪能できてしまう初体験にはもってこいの場所ですw。

これは雅楽のワンシーン。

そして、どんな形であれ見たかったのが舞妓さんの踊り♪。

京舞

素敵♪

というわけで京都一日目はこうして終わりました。

夜景とかも撮りたかったけど、今回はお供。おとなしくホテルに帰りましたw。

つづく

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG