唐松岳

唐松小屋

連休を利用して白馬の唐松岳に登ってきました。ちょうど台風の接近で天気がめちゃくちゃ心配でしたが、雲をぬけると最高の天気が出迎えてくれました。

前日の夜に白馬入りし宿(ベルナーオーバーラント)で半泊。リフト券も用意してもらったおかげで、チケットを求める長い列に並ぶこともなくスムーズにゴンドラに乗ることができました。

兎平でもまだこの天候。ガスって上が見えませんでした。

でも、登り始めるとすぐに低い雲の上にでたんでしょうか。三山も顔を出してくれました。

白馬三山

トイレを越えるともうこのとおり♪

_MG_2035

雲がないといいのかなとも思ったりしましたが、この雲と青空の組み合わせも最高によかったです。写真にとってもダイナミックさが失われない感じです。

_MG_2037

そして今回の一番の目的地「八方池」にやってきました。

八方池

ここまで約1時間。ある程度動ける格好なら観光客でもこれます。この先の頂上方面に向かうときは登山装備が必要になるので注意ですよ。

でも、簡単にこれるのにこの美しさ・・・素晴らしすぎる♪

そばに行くと池に反射した山をみることもできます。

雲が切れた一瞬を狙って8秒露光。そのためいっぱいいた人が写ってません♪。

たーだ、、、

横で奥様がコンデジで撮った写真のほうがシャープだったのはプチショック。

これからは保険もかけておこうと思いましたw。

八方池に映る山々

登ってる途中は雲が出たり、晴れたり。目まぐるしく変わります。

_MG_2056

白樺の樹。

シラカンバ

黒い山は五竜岳です。尾根づたいにどんどんいけるそうなんですが、見てるだけでオナカいっぱいです。

五竜岳

途中で残雪がありました。このあたりの気温もけっこう高いのですが、それでもこれだけ残ってるんですから真冬はどんだけつもってるんでしょうね~。

残雪

実はこの写真の中に富士山があるはずなんですが、このレンズでは見えませんwww。

_MG_2096

こっちの写真にも隠れているはずw

_MG_2116

小屋に近いところにはデンジャラスゾーンの鎖場があります。かなりの高所でブルブルです。

写ってるのは今回誘ってくれたおじさんM。

鎖場

これは頂上近くから撮った写真。山の間から見えてるのは日本海側の富山平野。海まで見えてますよね~。立山とは背中合わせに位置するのでこんな景色にも出会うことができるんです。

富山平野

そして、頂上の前に小屋に到着♪。写真は頂上から撮ったものです。登ってくるのは右の建物の奥からですよ。

頂上はここから20分ほどのところ。

唐松小屋

そんなこんなで予定どおり4時間程度で頂上にたどり着きました♪。

頂上!

今回はほんとうに運良く天候に恵まれて、むしろ良すぎなくらいでした。もっと過酷な状況を覚悟してたんですがw。

というわけで最高の登山になりました♪。感謝感謝♪。

来年は白馬岳を目指します!。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG