東京ラーメンショー2010

東京ラーメンショー2010にいってきました。

会場に着いたときの第一印象は「思ったより混んでない」でした。

時間的に早いこともあったと思います。

が、すでに行列だったり「売り切れ」のところもありました。

テレビでやってた埼玉の彩岩(さいろっく)なんかも行列。前評判のいいところはやっぱり人気ですよね。

なので空いててすぐに食べれそうな中から選びました。二人でいったのでそれぞれ違うところに並びます。

まずはここ↓

(25)博多だるま

昭和38年より受け継がれている伝説の博多豚骨ラーメン

博多だるま

だるまラーメン

煮卵は100円でトッピング。これはまさしく王道の味。つまり旨い!。変な細工がないので安心して食べられます。やっぱり普通が一番だ~。

博多新風

今までにない新豚骨ラーメン。決め手は、濃厚な真っ黒マー油。

博多新風

新風麺

奥さんが並んだのが隣の博多新風。売りは真っ黒スープのはずが真っ黒じゃない・・・。それにスープはなんか出汁の味がばらばらに感じました。チャーシューもダメダメ。

これは二人のなかでも失敗。

富良野とみ川

富良野産小麦を石臼で挽き、地卵さくら卵を練りこんだ日本イチ小麦の味がする麺です。

富良野とみ川

石臼挽き中華そば

最後の3杯目は北の醤油ラーメン。出てきてびっくり。麺がそばみたいです。味もラーメンというよりはそばに近い感じですが、これはこれでいけます、旨い!。

前2杯が濃いスープだったので食べあわせがよかったのかもしれません。ハナマル!です。

会場について

会場の様子

食べ終わった7時くらいの会場の様子です。この時間くらいから人が多くなってきました。ちょうど仕事がおわって「食べに行くか」って感じの時間ですね。

「売り切れ」のところも増えてきてたので余計に行列になってました。ふっー助かった~。ちょっと遅れてたらこれに巻き込まれてたはずです。そうしたら空腹を抱えて、テンションは急降下、怒りがMaxになってしまうところでした。

会場内には屋根のあるテーブル席もたくさん用意してあったのでそこで食べるのがベスト。なければ地面でもOK。そのときはレジャーシートがあるとよさそうです。

帰りは自由通り沿いに自由が丘まで歩いていきました。そこから東横線で帰宅。その途中で気づいたんだけど、田園調布の駅前からバスっていう方法もあった様子。こっちのほうが早かったかもね。

というわけで簡単にレポートしておきます。

ラーメン自体にはもともと詳しくないので評価はこんなくらいしかできません。あしからず。

開催概要

期間 2010年11月3日(水:祝日)~11月7日(日) 5日間
会場 駒沢オリンピック公園 中央広場
東急田園都市線「駒沢大学駅」下車徒歩15分
入場料 入場無料 ラーメン一杯750円(チケット制:全店共通)

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG