[陣馬山] 栗と登山とさつまいも

タイトルは語呂がいい順番でいってみました。

栃谷尾根の登山道

頂上で1時間ほど休憩のあと12時に下山開始。一ノ尾根の入り口がパッと見てわからなかったので栃谷尾根で降りることにしました。

はじめは少し歩きにくい階段で急激におりていきます。ほとんど出会う人はいません。その後は緩やかな下りと平地の繰り返しで楽です。

途中、苔の生えた木が・・・。こういうの好きなので最近よく撮ってるんですが、雰囲気のある感じにうまく撮れません。練習あるのみ!

ずいぶん下ったところでパッとコンクリの小道にでます。なんか私道っぽい。間違えたかな~なんて少し不安になりますが、これで正解。

そのままいくと二車線の道路にでます。どうやらここでトレッキングっぽいのは終わりです。所々で案内板があるので迷うことはないと思います。

彼岸花発見!ずいぶんくたびれていたのでもう終わりでしょうね。

で、のんびりしすぎてバスの時間に乗り遅れそうになったのでBダッシュ。

間に合った~。このバスは一時間に一本しかないので乗り遅れたら藤野駅まで徒歩になります。徒歩だと30分、バスだと5分です。迷わずバスですね。もうトレッキングじゃないですし。下山にかかった時間は1時間30分でした。

おまけ

トレッキングのあと、栗拾いにいってきました。場所は栗波園さん(TEL 042-687-3139)。藤野駅からタクシーでGO!

そしたら衝撃の事実が・・・

「本日の栗は終了です」

「がーーん」

いやいや、それでは終わってしまいます。前日に電話で予約してあるはずなので突撃です(奥様が)。そして少しの間そこの家の人たちと微妙な雰囲気で協議。なにやらできないような感じも伝わってきて「帰ろうかな~」と心のなかでつぶやきはじめたころ、栗拾いをさせてもらえることになりました。

どうやら電話をとったおばちゃんが予約のことを忘れてた上、午後でもできるよみたいな電話の内容だったのが原因みたいです。栗拾いというのはだいたい午前中で終わってしまうらしいです。はい。

でも、「たたけば落ちる」的な勢いで栗拾いにLet’s GO!

そしたら意外といいのも落ちてるじゃないですか。しかも青いとげとげの奴も中には立派な栗が入ってるのでそれをこじ開けゲット!。

その雄姿がこれだ~↓

蚊がめちゃめちゃいるので完全防備です。

結局、1.5キロほど取ることができて大満足でした。しかも栗拾いのあとにお茶や芋をご馳走になりどうもありがとうざいました。それにしても最初とは打って変わって愛想がよくなったのは予約の電話があったことを思い出したからでしょうか?いやいや、これが田舎の味ってもんですね。

おまけ その2

栗拾いから藤野駅に向かう途中でトークのうまいおじさんに捕まり、なぜか芋掘りまですることに・・・。

掘るのは奥様です。掘り進めていくとそこには・・・、

超ビックなサツマイモが生まれました。

「デカイのをよろしく」とはいいましたが、ここまで大きいと逆に持って帰るのが大変です。

やれやれ。

それにしてもおじさんのトークが面白い。一人でボケもツッコミもやっててなかなか絡み辛いですが運良く見つけられたら芋掘りしてあげてください。

場所は栗波園さんから藤野駅方面にむかってすぐの畑です。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG