ゼロから作るWP3テーマ vol.1

WordPressがバージョン3になりデフォルトテンプレートも「Twenty Ten」という新しいテーマになりました。このテーマには新しい機能やタグが盛りだくさんなのでこれを参考にしないのはもったいないですね。

というわけで今回からしばらく「Twenty Ten」を(できれば!)読み解きつつ新しいテーマ作成に挑戦したいと思います。

テーマ作成の基本

過去に「ゼロから作るWPテーマ」と題して数回にわけてテーマ作りの基本を紹介しましたので基本的な部分はそちらを参考に・・・。

なにはともあれ、まずテーマを構成するファイルを格納するためにフォルダをつくります。たとえばこのサイトのテーマで「paolog」というフォルダをつくるなら、場所はwp-content/theme/paolog/になります。

メインインデックステンプレート

それではまずテーマの核となるテンプレート「index.php」を見てみます。実際のコードはファイルそのものをみてください。

index.phpの中に次のタグがあります。

get_header();
get_sidebar();
get_footer();

この三つの関数はそれぞれheader.php、sidebar.php、footer.phpを読み込むインクルードタグです。

これはこれまでにもあったテンプレートタグですね。

ヘッダーやフッターをパーツごとにファイルをわけることでコードがより見やすくなるのでこれらはしっかり使っておきましょう。

では次。

コードの中ほどに新しいタグがあります。

get_template_part(‘loop’,’index’);

くわしくはドキュメントを参考にしてください。
関数リファレンス/get template part – WordPress Codex 日本語版

ドキュメントによるとヘッダー、サイドバー、フッター以外のテンプレートファイルを読み込むタグのようです。

たとえば親テーマがparentで子テーマをchildとすると、この例では

  1. wp-content/themes/child/loop-index.php
  2. wp-content/themes/child/loop.php
  3. wp-content/themes/parent/loop-index.php
  4. wp-content/themes/parent/loop.php

の順にファイルをrequire()します。

通常テンプレートファイルを読む込むときはinclude()を使ってファイルを直接指定しますが、こちらのほうが子テーマで定義したloop-index.phpを読み込むのみ柔軟に対応できるということでしょうか?(子テーマをつくったことがないので理解に乏しいですが・・・。)

次回はloop.phpです。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG