XAMPP for Windows 1.7.3インストール

VistaにXAMPP for Windows ver1.7.3をインストールする手順を紹介します。

これまでインストールしていたXAMPP(1.7.0)がコントロールパネルから起動しなくなり、新しいバージョンも出てることだしということで新たにインストールすることにしました。

1. ダウンロード

まずは以下のページからファイルをダウンロードしてきます。

apache friends – xampp for windows

ファイルはデスクトップに保存しておくのがいいでしょう。

2. インストール

デスクトップに保存したexeファイルをダブルクリックしてインストール開始です。

セキュリティの警告がでたら「実行」をクリック。

XAMPPをインストールするフォルダを指定します。デフォルトはCドライブですが、Vistaだと何かと面倒が起こる可能性があるようなので、ここではDドライブの直下にインストールすることにします。

Dドライブを指定するとxamppと名前がついたフォルダが自動作成され、そこにインストールされることになります。たとえば、先に自分で「xampp」フォルダをつくってしまうとD:/xampp/xampp/となります。作らないほうがいいかも。

[Install]をクリックします。

コマンドプロンプトのウィンドウが立ち上がります。ここからはしばらくデフォルト設定のままで進みます。

[Enterキー]を押します。

ここも[y]のまま[Enterキー]を押します。

ここは[n]のまま[Enterキー]を押します。

ここでも[Enterキー]なり。

[Enterキー]を押します。

次の画面になったらインストールは終了です。とりあえず[x]を入力して[Enterキー]をクリック。

デスクトップに「XAMPP Control Panel」というアイコンができているはずなのでそれをクリック。

すると右下にパネルが表示されます。Apache(サーバー)とMySql(データーベース)の右にある「Start」をそれぞれクリックします。

「Running」と表示されましたね。これで起動しました。

XAMPPのセキュリティ設定

ここまできたら、あとはブラウザでの設定を残すだけです。まず、ブラウザを起動して、「http://localhost/」にアクセスします。 すると、次のようなページが表示されるはずです。

「日本語」を選択します。

「おめでとうございます:
システム上にXAMPPが正しくインストールされました!」
というページが表示されます。

左のメニューから「セキュリティ」を選択すると、下のページに移動します。

XAMPP本体、MySQL、PhpMyAdminのステータスが「要注意」になっています。このままではネットワークから丸見えだよってことなのでこれを改善します。今回、下の三つは使用しないのでこのままです。

リンクテキスト「http://localhost/security/xamppsecurity.php」をクリックします。

移動したページで「MYSQL項目」というところのパスワードを入力します。このパスワードはXAMPPからPhpMyAdminを立ち上げるときに必要になるパスワードです。ちなみにユーザー名は「root」です。

チェックを入れておくとパスワードが書かれたテキストファイルが作成されるので忘れたときのためにチェックしておきましょう。チェックをいれたら「パスワードを変更しました。」をクリック。

次にXAMPP本体にアクセス制限をかけます。同じページの下方「XAMPPのディレクトリ制御」項目の「ユーザ」と「パスワード」を入力。チェックボックスにチェックを入れて、「安全なXAMPPディレクトリを作成してください。」をクリックします。なんか日本語変な感じしますけど・・・。

ダイアログが開くのでさっきのユーザ名とパスワードを入力してログインします。これで左メニューから「セキュリティ」を選択してそれぞれのステータスを確認してみましょう。「安全」になっていたら設定終了です。

これでXAMPPのインストールと設定は終了です。

そうのひとりごと

© 2019 PAOLOG