[八方尾根]超朝一リーゼン

アーリーモーニング

先週末は大学時代の同級生と八方尾根スキー場にいってきました。

友達と泊まりでいくのも楽しみでしたが、もうひとつ楽しみにしていたのが超朝一リーゼンが体験できるイベント「アーリーモーニング」。

八方には「リーゼンスラローム」というロングコースがあって、人出が少ないうちにそこをガンガン滑るのを「朝一リーゼン」といいます。

そして、通常のリフトの営業時間前に上にあがり、誰も滑ってないコースを真っ先に楽しもう!っていうのが今回の「アーリーモーニング」なわけです。

リフト乗車は早朝6時30分。

目的のリフト乗り場にいくとすでに30人程度集まってました。ガンガンかっ飛ばしそうなスキーヤーから、ノリノリボーダー、そして家族連れなどなど。いろんな人が集まってましたが、みんなの思いはたぶん同じ。

『雪を楽しみたい』

ってことだったんだと思います。なんかこういうのって楽しくていいですねっ!。

この日の朝は天気がいまひとつ。10cm程度の深雪がつもっているコンディションだったので、切ったターンはできませんでした。

でも!、そのぶん深雪を存分に満喫してきました。

一般のお客さんが上がってくるまでに滑れる本数は実質3本です。うち2本はリーゼンコースを滑り、ラストはセントラル周りで行くことに。

そこにはこんな景色が広がってました↓。

誰もいないフカフカパウダーでした。

こういうときは本当のスキーの楽しさを実感します。楽しすぎるぅー!。

このあと一旦、宿に戻って朝食タイム。

その後は予想に反して、絶好のスキー日和になりました^ ^。

白馬三山が見えるときはホント天気がいいときです。

一泊だけでしたが、十分満足のスキー旅行(修行)でした。

あ~、体中が筋肉痛~。

今週末もまた行きます。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG