やっぱり荒れた技術選

白馬八方尾根スキー場で行われていた「全日本スキー技術選手権大会(技術選)」が終了しました。

男子

  1. 柏木 義之
  2. 井山 敬介
  3. 丸山 貴雄

女子は

  1. 松沢 聖佳
  2. 小野 塚彩那
  3. 三星 佳代

という結果になりました。柏木選手が返り咲きか~。チャンピオンから一度落ちた選手がまた優勝するようになるとは驚きです。女子の優勝者は今年で8連覇を達成した松沢選手。これもすごい!。

個人的には地元八方の丸山貴雄選手を応援していました。前日まではトップと5点差の3位。これなら十分逆転も可能な位置にいたはずですが、終わってみれば11点差。ちょっと離されちゃって残念でしたが今年も優勝争いにしっかり絡んでくる安定感は抜群ですね。

来年こそは優勝目指してがんばって欲しいです!。

応援の意味もこめて今年もDVD買おうかな~。もちろん技術選のもね。

それにしても・・・その1

去年かそのまえかは忘れましたが、ネットで予選などの動画が見れたはずですが、今年はやらなかったようですね。どうしてやらないのかな~。楽しみにしてたのに・・・。

それにしても・・・その2

それにしても、八方の大会はどれもこれも呪われている気がします。大会前までは天気がよかったのに、はじまったら悪天候→競技延期なんてことはザラです。今回もコース変更の連続だったようで、裏方のスキースクールの面々は大変だったようです。

実際、作業隊員からのメールによると「今年が一番大変だった」らしいです。これまでの技術選もけっこう大変だったのにそれよりも・・・って思うとゾッとします。

なにはともあれ、みなさんおつかれさまでした。行く機会があれば差し入れでも持っていこうかなと思ってます。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG