ビジュアルエディタをカスタマイズするWordPressプラグインTinyMCE Advanced

WordPressのビジュアルエディタをさらに便利にするプラグインTinyMCE Advancedを紹介します。

記事投稿時にとっても役に立ってくれる機能がたくさんつまったエディタTinyMCEですが、まったく使わないボタンがあったり、逆に必要なボタンが表示されてなかったりしませんか?

そういうときにこのプラグインが役に立ちます。

ダウンロード

ダウンロードは以下から。WordPress本家のプラグインカテゴリです。WP2.7ならもちろん管理画面からインストール可能です。

WordPress.ORG:TinyMCE Advanced

使い方

ボタンの追加と削除

プラグインを有効化すると設定メニューにTinyMCE Advancedという項目がでてきます。これが設定画面へのリンクです。

操作はとっても簡単。ボタンを追加するときは下のボタンアイコンを上にドラッグ&ドロップするだけ。反対に必要ないボタンを削除したいときは上から下へドラッグ&ドロップするだけです。

ボタンの追加方法

拡張機能

ボタンの追加や削除のほかに気の効いた設定を行うことも出来ます。

その他の拡張機能

  • Advanced Link

    リンクの挿入/編集ボタンの拡張。テキストや画像に対するリンクをさらに細かく設定できるようになります。

  • Advanced Image

    画像の挿入/編集ボタンの拡張。より細かな設定ができるようになりますが、WPの機能だけでも十分かもしれません。

  • Context Menu

    エディタ内で右クリックから貼り付けや切り取りなどができるようになります。
    右クリックの拡張

  • Import the current theme CSS classes

    /wp-content/plugins/tinymce-advanced/css/tadv-mce.cssを編集することで独自のCSSを適用できるようになるみたいです。これはまだ確認してません。

  • Stop removing the <p> and <br /> tags~略

    HTMLモードではデフォルトで<p>、<br /> タグが自動的に見えなくなってしまいますがこれを見えるようにしてくれます。ほかのタグがあるのにこれだけないのは気持ち悪いからONにしています。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG