[鎌倉] 銭洗弁財天

銭洗弁天

北鎌倉→円覚寺→浄智寺まできたら、あとは銭洗弁天目指して一直線。 ほんとこの道はちょっとした登山です。予想外。スニーカーだったんですけどそれでもちょっと辛い感じでした。もしあればトレッキングシューズとかのほうがいいかもしれませんね。

しばらく運動不足の体にはこたえる山道をのぼると葛原岡神社という神社に到着します。ここまでくれば目的地まではあと少し。神社の前で「玉こん」が売ってたのでそれを食べる奥様。関西人の自分には味が濃すぎて無理っぽいです。

20081208_04

葛原岡神社から銭洗弁天方面に向かう途中で富士山スポット発見。というか「ここから見えます」みたいな看板があります。そこからの写真です。その日は雲ひとつない快晴で富士山もしっかり見えました。

富士山

目的地のひとつ銭洗弁財天に到着!。

銭洗弁天 説明

源頼朝に、巳年の1185年(文治 1)、巳の月、巳の日の夜、「この福水で神仏を供養すれば天下泰平に治まる」という夢のお告げがあり創建されたと伝えられる。

といういわれがあるそうで、お供え物は「生卵」。巳=蛇ということらしいです。 ここの洞窟でお金をあらうとお金が増えるご利益があるそうです。というわけで小銭を全部洗ってきました。洗ったお金は有意義に使うといいらしいです。そろそろご利益ないかな~。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG