手作りカメラストラップ

手編みストラップ

こんばんわ^ ^。
一眼を買ってもなかなか外に出て撮影するタイミングがないpaonです。でも、せっかくなのでカメラ専門のサイトを立ち上げようと現在デザイン中です。まだまだかかりそうですが・・・。

さてさて、

カメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術

カメラを買おうと考えてたときに見つけたカメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術というサイトさんのところでオリジナルカメラストラップの作り方を紹介されていたので自分でも作ってみました。

付属のカメラストラップは固いベルトでしかも、でっかく「Canon」とか「EOS 50D」とか書かれてます。まあそれはそれでいいのですが、外にいくとみんな同じようなストラップばかりでちょっと気分が盛り上がりません(どんな気分だか・・・)。

となるとやっぱり個性をだしたいですよね~。そのためには市販のものだとそうはいかないので、それならば自分でつくるのが一番です。そこで思い出しのがカメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術

たしか、たくさん紹介されていたな~っと。

紹介されているストラップはこんな感じ。

う~ん、どれも素敵なのですが男のpaonにはかわいすぎるものばかり。でもそのなかで唯一男でもいけそうだったのがコットン糸で編んだストラップ。編み物ですが、すでに経験済みのpaonにはこわいものはありません。

過去記事

怖いものはないと豪語してみましたが、かぎ針の経験はほんの少し。でも今年は奥様がいるのでやっぱり怖いものなしです。

そうと決まれば材料集めですね。

行き先は蒲田のユザワヤ。手芸材料に関しては見つからないものはないというくらい物がそろってます。ここで糸とナスカンという部品。それに丸カン。ナスカンと丸カンって何って思いましたが、ものを見たらすぐにわかりました。

おもいっきり忘れてましたが、カメラ本体との接続用のベルトを買っておけばよかったと後悔しました。これはあとでネットで購入したので無事ゲット^ ^。

製作(編み物)開始!

といっても、製作途中の写真はありません。編むのに夢中でこれまたわすれてました。

編み方は紹介してある編み方で。かぎ針の場合、基本の編み方は一通りだけで、あとはどこを通すかというだけしかないので意外と簡単です。

そして、編み始めてから4日目。ようやく完成~~( ̄∇ ̄*)ゞ。

この間家に帰ってからのすべての時間を編み物に費やしました。早い人なら一日くらいでできちゃったりするんでしょうね~。

このカメラストラップを男用にする場合

このストラップを男が使う場合・・・ってそんなにないかもしれませんが、幅や長さとかを変更したほうがいいかもしれません。

一段目が17目だったので、男用にするならもうちょっと多めにしようかと思いましたが、とにかくそのとおりにやってみようと思い編み図のとおりにやってみました。

結果、十分な太さになったので男用でもこれでいけると思います。

あとは長さですけど、ちょっと長めに100cmくらいにしました。paonは身長170cmでちょうどいい感じです。

カメラ本体との接続部分

編んだ部分とカメラ本体との接続部分の作り方も丁寧に解説されているのでとってもわかりやすいです。

»簡易版!デジタル一眼レフ用ストラップ接続部の作り方

丸カンはユザワヤで購入。テープアジャスターは標準でついてきたストラップのものを流用しました。残るはベルトですね。紹介してあるサイトでもよかったんですが、楽天好きなので楽天で探してみました。

【10mm】リプロンテープ(PPテープ)

1m、52円から販売してます。カラーも豊富なのでストラップの色に合わせていろいろ選べます。
[メール便可]

*アイ・リボン・テラキ

安かったので黒、茶、ベージュの3色を買いました。メール便が使えるので送料も安いです。

ベルトは余裕をみて20cmにカット。カットしたところをライターでちょろっとあぶってあげると溶けてほどけなくなります。燃やさないように注意!。

完成

というわけで、時間がかかりましたが無事完成しました。はじめてにしてはまあまあの出来で大満足です。これで経験値が稼げたので第二弾でもつくろうかな~。今度は模様を変えてみたりしてもいいかも。

paonはカメラ女子ならぬ、「カメラ男子」ですが、これからもカメラ女子「きょん♪」の簡単ステキ写真術にはこっそりお世話になりそうです。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG