買ってしまった「Canon EOS 50D」

こんばんわ^ ^。
今日は久しぶりにドキドキの買い物をしました。それはデジタル一眼レフの「Canon EOS 50D」。先日愛用のコンパクトデジカメが壊れてからというもの徐々に買い物熱が高まってきてたわけで、本日それが昇華したという感じです。

一眼レフ熱はこれまでも何度か高まったことがあります。でもそのときはまだコンパクトで十分かなと思っていたのでなんとなくスルーできてたんです。実際コンパクトの性能もけっこう上がってきてますし。撮るものといえば家の中での雑貨や毎日の晩御飯などなど至近距離のものが多く、そとでとることはあまりありません。もちろん旅行先の風景を撮ったりもしますがそれはそれでなんとなくよかったんですけどね。

ただ、やっぱり不満がないわけではありません。スキーをしているところを撮ろうとすると遠くだと小さいし連射は遅いしという感じ。近いものでももっとボケがでてもいいのにと思うこともしばしばありました。

そこに「デジカメ壊れた」となればこれはチャンスだと思ってしまったわけですね。

現在壊れているデジカメはまだ修理に出していませんが、かなり気に入ってるカメラなので使い続けたいです。それにコンパクトカメラの使い勝手も捨てがたいですからね。撮りたいときにサッと取り出せる手軽さは。

とりあえずご報告まで(また?)。

EOS 50Dは明日到着予定です。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG