[結婚式]気合をいれてつくった招待状 (1)

20080808_01.jpg

こんにちは(^▽^)
式が終わってホッとしたのかなんか燃え尽きた感じです・・・。

さてさて、手作りした招待状の紹介をしようと思います。ちょっと長くなりそうなので何回かに分けて書きます。

手作りのほうが断然お得

招待状や席次表などのペーパーアイテムぐらいは手作りにしたいというのが2人の意見でした。すべてを式場に任せるという選択肢もありますが、せっかくやるんだったら自分たちの色もだしたいですしね。もちろん時間に余裕がないとか面倒くさいということなら任せるのもひとつの手ですが、式場にまかせると結構お金かかります。

アートグレイスポートサイドヴィラではじめに出してもらった見積もりでは一部577円でした。70部注文すると40,000円ちょっとです。ネットで売っている手作りキットの値段はだいたい200~300円のものが多いので結構な差がでます。

全体から見れば微々たるものですが、これもしたい、あれもしたいと準備していくなかで少しずつ予算は膨らんでいくのでちょっとしたことでも節約していきたいですね。

招待状のイメージ

2人がはじめに考えた招待状のイメージは、

  • 無駄な絵が入っていないシンプルなもの
  • 会場のイメージにあわせてちょっと大人っぽく(新郎の意見)
  • やっぱり白が一番!(新婦の意見)
  • 高級感も少しあるほうがいい

と、こんな感じでしたね。

手作りキットはネットで購入

まずは招待状がどんなものか実際に見に行きたかったのでペーパーアイテムの専門店にいってみました。表参道にあるショップウィングド・ウィールです。ゼクシィ.netに載っていたので。

さすが専門店だけあっていろいろな種類がありました。なかでも中紙の種類にはびっくりです。それに安い!。しかも一枚単位で購入できるので急に人数の変更があったときには便利かなと思いました。
ただ、大きさや素材ごとにけっこうな数があるのでどれにすればいいのか迷ってしまいました(;^_^A ・・・。

これまで友達の結婚式にいった経験がほとんどないので招待状がどんなものか想像しにくかったのですが、実際の招待状をみることで「こういうのにしたい」というイメージがはっきりしました。

イメージが固まってくるとあとはネットで探すのが一番です。ネットだといろいろなデザインを一度に見ることができるし、時間も節約できます。2人そろってショップを回る時間というのは意外ともてないですしね。それにサンプルを送ってくれるところもあります。いくつかのサイトを見て回って結局2~3のショップからサンプルを送ってもらいました。

そのなかで1番気に入ったのがビースクエアというところの「エンドレス」シリーズです。なんといっても表紙の素材感がとても気に入りました。手作りっぽくないしっかりとした表紙にクリスタルがついているので高級感アップです。ほかにリボン、封筒&封かんシール、返信はがき、中紙、フセンがついて350円です。300円以下くらいで考えていたのでちょっと予算的にはオーバー気味でしたが中紙や返信はがきなどは予備が数枚ついてくるので嬉しいです。

色は白と黒の2種類。招待状は白にしたいという奥さんの意見を取り入れて白に決定しました。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG