IE6をIE7に限りなく近づけるライブラリIE7.js

こんにちは(^0^)/

最近、新生活が忙しくパソコンの前に座る時間が極端に少なくなりました。もうしばらくしたら時間をうまく使えるようになるのかななんて思ってますが・・・。

そんななか、Googleからかなり使えそうなJSライブラリが出たということをつい最近知ったのでちょっと使ってみました。

それがIE7.js。IE6以下をWeb標準に限りなく近づけるというなんかとってもイケてるライブラリです。

レイアウトの確認にはほとんどFirefoxを使っているのでIE6対策はあまりしていないのが現状ですが実際につかえるということならかなりいいですね~。

ココが注目IE7.js

CSS関連

子孫セレクタや隣接セレクタが使えるようになります。一番注目なのは:hover擬似クラスが使えるようになることですね(^▽^)。 あと、max-widthやmin-height関係がOKみたい。

透過PNG

透過PNGが使えるのは嬉しいです。ただしファイル名を「*-trans.png」としないとダメです。ファイル名を変更するのは結構面倒臭い作業なので、この機能を実装するときはクラス属性に指定するタイプのライブラリを使うほうが楽な気がします。

アルファ画像を扱うalphafilter.jsライブラリ[to-R]

ほかにもたくさんのWeb標準的な機能が実装できるようになるので詳細はGoogle Codeを見てください。

ie7-js – Google Code

もうすこし待ったらIE7の自動更新も始まるということなのでそれまでFirefox命!っていうのもひとつの手かもしれないですね。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG