祝!入籍

24日に入籍しました。

付き合いは7年という長い時間でしたが、プロポーズしてからの2ヶ月間はアッという間でした。クリスマスイヴに入籍するなんてちょっとロマンチックすぎるかな~と思いつつ、一生に一度の記念日なので絶対にこの日って決めてました。

24日は振替休日ということで役所は休みだったので臨時窓口に婚姻届を提出してきました。
受付にいくとちょうど自分たちと同じように婚姻届を出しに来ていた男女がいました。それが終わると次は自分たちの番。

待っていたのは「ガッツ石松」似の気の良さそうなおじさんです。

おじさん:「婚姻届ですか?」

ふたり:「はい!!」

元気のいい返事をして婚姻届と、自分の分の戸籍謄本を提出。書類の内容をチェックするおじさん。

おじさん:「完璧ですね。」

俺:「完璧です。一度(ここに)来てチェックしてもらいましたから」

おじさん:「そうですか~、どこかしら(書類の内容が)間違っている人が多いんだけどね~、(笑)」

ふたり:「(笑)」

とまあ、こんな感じに軽くほめてもらいました。心のなかでガッツポーズです。

こういう書類は事前にチェックしてもらってないと不安になる性分なのでこういうところは抜かりありません。確認にきたときにはまだふたりとも住所変更をしていなかったので、婚姻届に書いてあるいまの新居の住所ではダメだってことでその日のうちに転居届をだしておきました。
事前にだしておくと、婚姻届を提出したあとにまた役所に来る必要はないそうです。名前とか変わっちゃうのでまた来ないといけないかというとそうじゃないみたいです。

おじさんのチェックが終わると簡単なサインをしました。その用紙にはたぶん今日来た人の名前や提出した書類の種類が書かれてあったと思うのですが、婚姻届を出しにきた人が10組くらいいたようでした。
やっぱりクリスマスイヴに入籍する人たちってけっこういるんですね~。

最後に

おじさん:「はい、12時18分入籍ということで受領しました。おめでとうございます。」

ふたり:「ありがとうございます。」

ということで無事終了しました。なんか、8っていう数字は末広がりでおめでたいそうです。知りませんでした。どうせなら12時24分ていうのもありだったのかもしれませんが、これはこれでおめでたいということなので万事OKです。

これからいろいろなことがあるんだと思いますが、そこはふたりで協力して楽しくやっていきたいですね。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG