武蔵小杉の広東料理店「粥菜坊」

粥菜坊の焼き飯

引越しのためキッチン周りを片付けてしまったので今週は外食続きです。冷蔵庫のなかも空にしないといけないので。
ということで今日は近所の広東料理店に行ってきました。


でも行くのは今日がはじめて。

粥菜坊のサイトを見るとオープンが平成16年4月ということでいつの間にか3年以上がたっています。ご近所なのにすみません。いや~、もっとはやく来ればよかったとちょっと後悔です。

なぜかっていうとそれは味付け。広東料理なので薄味なんでしょうか?関西育ちの自分にとってはかなりなじみやすい感じなのが一番でした。

お店の名前からもわかるとおり粥メニューが豊富なのですが、ひと口サイズの餃子や一品料理もあって立派な中華料理屋さんです。というのも初めは「粥」しか食べれないのかと勝手に思ってたので・・・。

今回、おなかがすいていたということもあって粥セットではなく、焼飯セットになっちゃいましたが、彼女のを少し分けてもらったので広東粥、初体験成功。

もちもちしている餃子はビールがよく合う感じ。餃子+ビールの組み合わせは自分のなかでは最強なんです。ちなみに今日のはセロリの餃子と、しいたけの餃子でした。今回はセットで選ぶ余地はなかったですが、種類もいろいろあるし、1個70円なので次回は食べ比べってのも面白いかも。

デザートは不思議な「落花生のおしるこ」。これも初体験の味でした。

引っ越してもご近所なのでまた行きたいです。お気に入りのお店がふえました♪

粥菜坊

http://www.geocities.jp/zhaoxingming/index.html

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG