XAMPPにPerlのモジュールを簡単にインストールする方法

前回の記事「VistaのXAMPPにMovableType4をインストール」で無事にMovableType4をインストールすることができました。でも、これにはまだ続きがあるんです。

MovableType4をインストールする分にはXAMPPとそのPerlアドオンをインストールだけで十分に環境が整っているのですが、実は「Image::Magick」というPerlモジュールがインストールされていませんでした。

そこで、Perlに詳しくなくてもモジュールのインストールが簡単にできるPerl Package Managerをつかってモジュールのインストールをしてみました。

始める前に

まずは環境を確認しておくと

  • Windows Vista Home Premium
  • XAMPP 1.6.2 + Perl 5.5.8-2.2.4(XAMPPアドオン)
  • MovableType 4
  • xamppはD:/xampp以下にインストール

となっています。

手順

Perl Package Manager(ppm)を起動する

ppmはコマンドプロンプトから起動させるのでVistaのスタートから「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」とたどりコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトの使い方は以下のサイトが参考になります。

コマンドプロンプトで作業効率UP

といっても使うのはディレクトリの変更ぐらいですが・・・。

コマンドプロンプトを起動した直後は

C:\Users\ユーザー名

となっています。XAMPPはDドライブにインストールしているのでまずはドライブを変更します。そのあとppmの起動という順になります。入力するのは次のとおり

cd /d D:\xampp\perl\bin

ppm

一行ごとに「enter」を押しておいてください。

するとPerl Package Managerが起動するはずです。

インストールされているパッケージ一覧が表示されています。すべて英語ですが、アイコンにカーソルをあわせるとツールチップで簡単な説明が書いてあるのですぐにわかると思います。たとえば一番左のアイコンをクリックするとインストールできるモジュールや、すでにインストールされているモジュールなどのすべての一覧が表示されます。

リポジトリの追加

この中からは「Image::Magick」はみつかりません。これはリポジトリを追加することで解決します。

右上のアイコンをクリックします。

「Repositories」タブからリポジトリを追加できるようになります。

Locationに

http://theoryx5.uwinnipeg.ca/ppms/

を入力します。nameは好きな名前で(theoryx5とか)。「Add」をクリックすると追加できました。

Image::Magickのインストール

Image::Magickを検索してみましょう。今度はいくつか見つかったと思います。現在の最新バージョンは6.3.5です。Image-MagickとPerlMagickというのがありますがどちらをインストールしても動くようです。違いはGoogleで。

インストールしたいモジュールをマークします。

続けて矢印のアイコンをクリックするとインストールがはじまります。

インストールが終了したらppmとコマンドプロンプトを閉じます。

MTの管理画面で確認

MTの管理画面のシステム→ツールでモジュールをチェックしてください。Image::Magickがインストールされていたら成功です。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG