PEAR:Services_AmazonでBrowseNodeを取得する

PEARのServices_Amazonを使うととても簡単にBrowseNodeを取得することができます。
もっともシンプルにAmazon.co.jpにある「和書」カテゴリー以下のBrowseNodeを取得してみましょう。

<?php
//シンプルなBrowseNodeLookup
require_once 'Services/AmazonECS4.php';

//アソシエイトID
$asid = 'haisensushopb-22';

//AWSAccessKeyId
$subid="08B22MDWY5MZQE1E2ZG2";

$amazon = new Services_AmazonECS4($subid, $asid);

//2007-02-22バージョンに対応
$amazon->setBaseUrl('http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?Service=AWSECommerceService');
$amazon->setLocale('JP');
$amazon->setVersion('2007-02-22');

$result = $amazon->BrowseNodeLookup('465392');

//簡易表示
echo '<pre>';
print_r($result);
echo '</pre>';

?>

Amazon WebサービスのAPIはすぐにバージョンがあがるのでそれに対応するのは結構面倒くさいのですが、Services_Amazonを使えば簡単に最新バージョンにも対応できます。

$amazon->setBaseUrl('http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml?Service=AWSECommerceService');
$amazon->setVersion('2007-02-22');

setBaseUrl() メソッドでWebサービスにアクセスするときのBaseURLを、さらにsetVersion() メソッドでバージョンを設定・変更します。

あとはBrowseNodeLookup メソッドで指定したBrowseNode以下のBrowseNodeを検索します。書式は次のようになります。

BrowseNodeLookup($node_id,$options)
  • http://kent.s3.aiosr.net/blog/2007/03/amazon_1.html PHPとAjaxと

    AMAZON(アマゾン)のブラウズノード検索

    Amazon Web Service(アマゾン ウェブ サービス)を使って、 B…

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG