昔のくらし、今のくらし Ⅲ : 川崎市民ミュージアム


三種の神器
「ドラえもん展」と同じ川崎市民ミュージアムでは「昔のくらし、今のくらし Ⅲ」という常設展示もやっています。期間は2月18日(日)まで。ドラえもんのついでに見てきました。
ここでは写真を撮っていいということだったので数枚撮ってきました。

これはいわゆる「三種の神器」。テレビ・洗濯機・冷蔵庫です。生まれる前のもので見たことないです。


三種の神器
自分の時代はこっちですね。こんな感じのテレビにファミコンをつなげてがんばって映るようにしたのが懐かしいです。
今みたいにビデオ端子につなげて電源ONじゃなくて、当時のやつはテレビ本体の調節をしないと映らなかったんですよね。今思うと、子供のくせによくやったもんです。


三種の神器
昔のお茶の間の様子も再現されてました。それがコレ。
懐かしいくはないですが、昭和の温かい感じがいいですね。

こんな感じで昔の道具から今の道具までいろいろ紹介されているので息抜きにみるにはちょうどいいんじゃないでしょうか?

わたしたちの暮らしは、どのように変わってきたのでしょうか。縄文時代から現在に至るまでの生活用具の移り変わりを、さまざまな資料から紹介します。な
おこの展示は子ども向け展示で、小学3年生の社会科授業にも活用できるよう体験コーナーや学芸員による展示解説を行います。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG