PHPの基本:変数の種類と使い方

PHPを扱うときに基本となるのが変数です。変数はデータを入れておくための入れ物だと覚えておけばいいのですが、変数にはさらにグローバル変数とローカル変数というものがあり使い方に気をつけないと思ったようにプログラムが動いてくれません。

変数の基本

PHPでは変数は英数字の前に「 $ 」記号をつけて$hogeのような形で書きます。

$hoge = 0;

とすると変数$hogeに0を入れるということになります。文字列を入れたいときは次のように、

$hoge = "変数はPHPの基本です。";

「"~"」とダブルクォーテーションで囲みます。

変数の種類

変数にはグローバル変数とローカル変数があります。
グローバル変数はスクリプト中でどの関数にも含まれていない部分で定義された変数、ローカル変数は関数内だけで有効な変数と定義されるようです。

どこで定義するかによって変わるということですね。

関数内部から関数外部にあるグローバル変数を使うことはできない

という決まりになっているようなのでこの点は注意しておきましょう。
たとえば次のコードは動きません。

結果として hoge が表示されてもいいような感じですが、関数内部からグローバル変数である$aにはアクセスできないので動かないようです。次のようにすると動きます。

変数 $a はグローバル変数だよと教えてあげるわけです。別の方法としては関数 foo( ) の引数として$aを指定してあげます。

参考サイト

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG