ロリポップにないPEARをインストールする方法

ロリポップにインストールされているPEARパッケージに使いたいものが入っていないことはよくあります。たとえばServices_Amazonなんかがそうで当然のように入っていません。ロリポップではユーザーがPEARをインストールすることができないためどうしようかということになるのですが、結構簡単に使えるようになります。その詳しい方法を記録しておきます。

1. PEARを入れておくディレクトリの作成

まずは、インストールしたいPEARをおいておくディレクトリを作ります。自分のサーバースペースに適当な名前でディレクトリを作ってください。
わかりやすく『 pear 』としておくのが一番無難ですね。

2. パッケージをアップロードする

インストールしたいPEARパッケージを配布元からダウンロード&解凍しておきます。
ここではServices_Amazonの場合を例にします。ダウンロードは下図の部分から。

『pear』ディレクトリ以下に『Services』という名前のディレクトリを作っておきます。そこに解凍してできたファイル「Amazon.php」と「AmazonECS4.php」をFFFTP等でアップロードします。こんな感じで。

ディレクトリについて
PEARはそれぞれ決まったディレクトリにいれるようになっています。ひとつのPEARはほかのPEARの機能を読み込んでいるものがほとんどです。ですから、ディレクトリを変更してしまうと正しく読み込めません。インストールしたいPEARをどのディレクトリに入れておくかは解凍してできた package.xml 中の baseinstalldir という部分に書いてあるのでそこを参照してください。

XAMPPを使っている場合
PHPの開発にXAMPPを使っている場合はpearディレクトリの中身から必要なものをアップロードしたほうが楽です。ここでもディレクトリ構成は変えないようにしましょう。

3. .htaccessでinclude_pathを設定する

<IfModule mod_php4.c>
php_value include_path ".:/home/sites/lolipop.jp/users/lolipop.jp-dp******/web/pear:/usr/local/lib/php:/usr/local/lib/php/Smarty"
</IfModule>

上記のコードを記述した.htaccessファイルを作成します。すでに作ってあるときは上記のコードを追加してください。

ロリポップではデフォルトのinclude_pathは

.:/usr/local/lib/php:/usr/local/lib/php/Smarty

に設定されています。これにpearディレクトリまでのフルパス(下記コード)を追加します。

/home/sites/lolipop.jp/users/lolipop.jp-dp******/web/pear

自分のサイトのフルパスは
「ロリポップ ユーザー専用ページ」→「アカウント情報」
で知ることができます。

PHPが上手く動かないときは
必要なPEARがアップロードされていない可能性があります。ダウンロードして上記の手順を行なうか、XAMPPのPEARを丸ごとアップロードしておきましょう。

  • PEARのインストールと聞くとがっかりするロリポップユーザーへ

    素人ウェブマスターがPHPの調べ物をしているときに、必ずぶち当たる壁が「PEARのインストール」かと思います。 コマンドラインとか言われても理解できないの…

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG