MovableTypeのインストール Step. 2

MovableTypeの設定ファイルの変更ができたらすべてのファイルをアップロードしましょう。

1. MTをアップロードするディレクトリの作成

FFFTPなどのFTPソフトで、サーバーに接続します。
ここではMovableType 本体をhttp://hoge.chicappa.jp/cgi/mt/ に置くことにして説明していますので、サーバースペース内に 『 cgi 』 ディレクトリ、さらにその中に 『 mt 』 ディレクトリを作ります。
*インストール場所を変更したいときはmt-config.cgiのCGIPathにディレクトリを指定してください。
*FTPソフトの設定は 『 PASVモード 』 を指定するようにしてください。
*「ディレクトリ」=「フォルダ」

ディレクトリ構成

mtディレクトリを作成したらついでに公開するブログのディレクトリも作成しておきましょう。この例では「blog」ディレクトリを作成していますが、自分の好きな名前にしてください。
ここで作成した 『 mt 』 ディレクトリに「MT-3_3-ja.zip」を解凍したときにできたファイル&ディレクトリをすべてアップロードします。 もちろん修正したファイルもすべてです。
全てがアップロードされるまでにはかなりの時間がかかるので一服でもしておきましょう。

2. パーミッション(属性)の変更

アップロードが終わったら、CGIPath で指定したフォルダのすぐ下にある 『 .cgi 』 の拡張子を持つ、全てのファイルのパーミション( 属性 )を 『 700 』 にします。

属性設定

3. インストール

3.1. ログイン

『http://hoge.chicappa.jp/cgi/mt/ 』を使っているWEBブラウザのアドレス欄に入力し、ページを開きます。 ログイン画面になるので『ログイン』をクリックして先に進みます。
必要事項を入力します。

  • ログイン名・・・・MovableTypeにログインするときの名前です。
  • メールアドレス・・・・使っているメールアドレスを入力します。
  • パスワード・・・・お好きなパスワードで。

『インストールを実行』をクリックするとインストールが始まります。

3.2. 『 mt-check.cgi 』 の削除

インストールが完了したらMovableTypeをアップロードしたディレクトリにFTPソフトで接続し 『 mt-check.cgi 』 をサーバから削除します。

これでここまでの作業は終了です。次はMovableTypeを起動して、ブログを作成しましょう。

そうのひとりごと

© 2017 PAOLOG